metaverse-secondlife-and-cleaner

メタバース、セカンドライフと洗剤

今日はNipponbashi SIMを探索しました。

神社のとなりに小さなお店を見つけました。

そこでこの洗剤?を発見しました

オブジェクトからスクリプトを削除しても、まだ何かしら残っていて動作している。そんな事よくありますよね。そんな時には「スクリプトウォッシュ」を試してみるといいかもしれません。

場所はこちら

http://maps.secondlife.com/secondlife/Nipponbashi/75/157/27

Gonzo Cafe

以前から「すりんく」で気になっていた”GONZO CAFE”を訪れてみました

http://sl-link.com/?webid=3414

30分ほどで帰りましたが、その後、お店ではとんでもない光景が

The Rusty Nail

https://therustynailholdin.wixsite.com/therustynail

HY’s House and Store Sale

If 1Password for Safari doesn’t show up, then do this

If you have upgraded your 1Password app for macOS to version 8 and installed its extension but you can not see it in Extensions list, then try this resolution.

Source: https://www.reddit.com/r/1Password/comments/ui0537/if_1password_8s_new_1password_for_safari/

  1. Quit Safari
  2. Open Terminal
  3. Paste in this command /System/Library/Frameworks/CoreServices.framework/Frameworks/LaunchServices.framework/Support/lsregister -f -R /Applications/Safari.app
  4. Reopen Safari
  5. 1Password for Safari must be in Extensions tab of Safari Preferences

macOSでデフォルトのSecondLifeビューワーを変更する方法

macOSでSecondLife ViewerとFirestorm Viewerを両方インストールしていて、SLURLをクリックしたときに、違う方のViewerが開いてしまうことがありませんか?

最初に、公式ビューワーのみをインストールしていて、後からFirestormを入れると、そちらがデフォルトになってしまい、不便だと感じる事がありました。

ここではそれを変更する方法を紹介します。

参照URL: https://wiki.firestormviewer.org/slurl

以下、URLからSwiftDefaultAppsをダウンロードします。

https://github.com/Lord-Kamina/SwiftDefaultApps/releases

各バージョンのAssetsのzipファイルをクリックしてダウンロードします。

ダウンロードが終わったら、SwiftDefaultApps-v2.x.x.zipというファイルを展開します。

その中のSwiftDefaultApps.prefpaneをダブルクリックします。

System Preferencesが開くのでインストールします。

インストールが終わったら、一番下にSwiftDefaultApps というアイコンがあるのでそれをクリックします。

Applicationsタブをクリックします。

左のリストにはインストールされているアプリケーションが表示されますので、ここからSecond Lifeを選択します(公式ビューワーをデフォルトにする場合)。

右側のURI Schemesでx-grid-location-infoとsecondlifeの両方にチェックをします。

これでSecond Life Viewerがデフォルトになりました。

I thought I bought a couch…

ロコのソファ、買ってからかなり時間が経ったので、そろそろ新しいものに買い替えようと思いました。

今までのはコの字型で出っ張りが邪魔といえば、邪魔でした。

今度はもう少しコンパクトなものにしようと思いました。

家具といえば、KAZZA。いつもここで買っています。

複雑なMeshを多用した商品が多いので、TP直後すぐに読み込まれません。

近くにあるソファから座って試していきます。

これはどうでしょう?

これもいいなぁ〜

デザインはこれが気に入りました。でも大きい。

もう少し小さいのはないかと探したら、ありました!

大きさもちょうど良いし、値段もお手頃。

早速、購入してお店に置いて見ましょう

ObjectをRezしてOpenするとダイアログが表示されて、Rezというボタンがあったので押しました。すると…

ソファだけではなく、その回りのモノ一色がセットの商品だったのです。

「アチャー」

しばらく考えて、ソファ以外を消せばいいと分かりましたが、ここでは他のモノも消してしまいそうだったので、Sandboxへ。

ソファだけ抜き出して残りを削除してお店に持ち帰ります。

無事設置することが出来ました。

360 Capture Viewer

Linden Labから360 Capture Viewerがリリースされました。

https://releasenotes.secondlife.com/viewer/6.5.0.564863.html

これは360°のSnapshotを撮影できる機能を搭載したViewerです。さっそく試してみます。

360°のパノラマ画像を撮影するには、Worldメニューから”360 snapshot”を選択します。

するとプレビューウィンドウが表示されます。

左側のラジオボタンで画質が選択できます。

  • プレビュー(高速)
  • 最大

から選択できます。プレビューはもの凄く画質が荒いので確認用ですね。

その下にアバターを表示するか隠すがのチェックボックスがあるのでどちらかを選択します。

そして”Create 360 image”ボタンを押すと、プレビュー画面内の画像が選択した画質で置き換わります。

最後に”Save as”で画像の保存場所を選択してファイルを保存します。

保存された画像はそのままでは歪んだ画像なので、

VRなどのパノラマ画像として楽しむには、以下の方法があります。

  • パノラマ対応のWebサービスを利用する
  • Desktop アプリケーションを使用する
  • ブラウザーの拡張機能を利用する

検索してみるといろいろ出てきますので試してみるといいでしょう

#SecondLife #セカンドライフ #メタバース