Lab Gab Feb 26

Lag Gab について一部翻訳しました。

Source:

Lab Gab Feb 26 summary: AWS update and a farewell to Oz

Q:  AWSへの移行は終わったけど、Uplift計画は終わってなくて、残りの作業は?

● 直近では
– 新しいハード・インフラでの最適化
– (Lindenにとって)コストを下げる
– 新環境下での細かなシステムのチューニング
– AWSが用意してるオプションへの投資
● 最初の移行作業はSL のすべてのサービスを、独自の環境から取り出し、「リフト&シフト」と呼ばれる操作で AWS 上で稼働させることに純粋に専念していたということ
● 「リフト&シフト」の作業が完了したことで、エンジニアリングチームは、サービスが新しい環境でどのように動作しているのかデータを収集し、改善の機会がどこにあるのか、どのようにしてそれを達成するのが最善なのかを理解することに注目
● これにより、ラボではサービス監視ツールが大幅に改善され、主要サービスのパフォーマンスをチューニングするための初期作業が可能になった
● この移行の実用的なメリットは2つ
– AWS上で稼働しているリージョンは、より多くのスクリプトやスクリプトイベントを同じ時間で実行できる。
– SIMが管理されるようになったことで、Lindenは特定のSIMのログをより直接的に取得したり、ログをフィルタリングして情報を探したりすることができるようになり、プロセス全体の手作業の集約度が格段に低くなった。

Q:  AWSへの移行はユーザーにとって料金を下げることになるのか?
● 予測できる範囲内での答えは「ノー」
● ユーザーの間で、AWS上でSLを稼働させるとリンデンが「料金を劇的に下げる」という考えが広まっていますが、これは実際には正確ではない。
● 移行前は、SLとそのサービスはすべてLLのハードウェアで稼働していて、何年も資本的支出がなく、完全に減価償却されていた。
● AWSへの移動は、新しい設備投資にお金を使いLindenのコストを増加させるように見えるだろう
(しかし長期的に見れば、新しいサーバークラスターに設備投資を繰り返すよりも少ない費用で済むと言っても間違いではないだろう)
● AWSへの移行は以下の目的で計画されている。
– より高性能で多機能なサービスをユーザーに提供するための幅広い選択肢を提供する
– Second Life サービスの全体的な長寿命化を実現

Q:  SLモバイルAppの状況は・
● モバイル版は2つの理由で遅れている
● 1つ目は、最初のリリースではコミュニケーションツールとしての機能を重視しているが、将来的にはそれ以上の機能を網羅できるようにするために、かなり基礎的な作業が行われている。
● 2つ目は、Appleによるテストの結果として、Lindenはチャットの動作方法を変更することを余儀なくされている。
– これらの変更は、いずれViewerにも一部導入されます。
– それにより将来的には、チャットはより確実に動作するであろう
● いつ利用可能になるかについては言えない

2021 Content Creation User Group (CCUG) ミーティング # 5より

2021 Content Creation User Group (CCUG)ミーティング # 5より

# ビューワーレンダリング
– Love Me Render ViewerはもうすぐRCリリース
– グラフィックAPIについて、いつでもOpenGLを廃止できるように、間にAPIを挟んでVulkan, Metalと切り替える仕組みを検討

# 長期的展望
– PBR(wikiを参照)現時点ではすぐ実装することは考えていないが、やるとしてもOpenGLが置き換えられてから
– もしPBRが導入されても、それはopt-inである
– 現在のコンテンツの表示が壊れないようにする
– HDRレンダリングをやりたいと考えている

# Meshファイルフォーマット

– グラフィックス・チームは現在の.daeフォーマットに変わるものMeshフォーマットを考えている。
– gITF(Graphics Language Transmission Format)が候補に上がっていて、Blenderでplug-inによりサポートされている。

2021 CCUG meeting week #5 summary – graphics

 

cookie

 

KW Black Friday Sale

 

https://maps.secondlife.com/secondlife/Scenic%20Hills/51/244/2716

*KW*syabusyabu-set full

*KW*_unagi_(pack)

*KW*_Sparkly(pack)

2020 SIMユーザーMTG 第43週FURTHER UPLIFT UPDATE

元記事

2020 SUG meeting week #43: further uplift update

– 第43週目の公式なSimulatorのdeployはない。
→リスタートはない?
– 選ばれたSIM(RCとメイン両方)をAWSサービス(クラウド)へ移行する
– 移行されたサーバーはリスタートが行われる

Max Lindenは以下のことを発表:
– 今朝、中くらいの規模(すくなくとも世界のサイズ?)の移行を開始した
– 現在、300以上のSimulatorがクラウド上で稼働中
– どうやって迅速にそれ以上のものを移動させるかを検討中

今回は人やスクリプト多いSIMとそうでないSIMを混在、
SIM作成や複数のSIMを一台のサーバーへ同居させる仕組みに負荷をかけてみる

– クラウドへ移行していないバックエンドシステムが多数あり(SIMを先に移行する必要があるため)、それが何らかの影響を及ぼす事が懸念されている

これらの追加サービスの中には、「最後まで放置」ではなく、移行できるときに移行するものがあることが望ましい

– 移行の対象となっている中で、いくつかの問題を引き起こしているのは、Experiencesのための KVP(Key Value Pair) データベースを管理しているサーバ
– AWS でホスティングされたSIMでExperiencesのパフォーマンスが低下しているという報告がすでにあり、
– 「少しの努力」で KVP データベースを移動させることが望み

SIMをクラウド移行されて、それによって悪影響を受けていると感じている人は、Lindenの自社サーバーでホストされている状態へのロールバックを要求することができます。

しかし、

年内にはすべてのSIMがAWSサービスを利用することになるので、
Lindenとしては、SIMオーナーにはSIMが不安定な間に発生する可能性のある問題は我慢してもらって、
どうしようもない問題が発生した場合はLindenと協力して問題を特定して修正することを望む

※ここ重要
Lindenの自社サーバーへのロールバックが必要だと感じた人は、
サポートチケットを提出して、自分のSIMの「ロールバックを希望する理由」と
「遭遇している問題」を「明確」に示してほしい

(Oz Lindenの言葉の引用)
移行中に(現在のように)UpliftされたSIMまたは、AWSリージョンのいずれかに何らかの障害が発生することになります。。。我々は、それが終わる頃にはほとんどなくなると予想しています。

Lindenの目的は、サービスの自社サーバーからAWSサービスへの移行を可能な限りユーザーに見えないように作業し続けること(つまり、現在AWS上で稼働しているサービスと、自社サーバーを経由して稼働していたときのサービスの違いを実際に見分けることができないようにすること)
(終)

Apple Music で洋楽アーティスト名が日本語になったのを英語に戻す方法

macOS CatalinaでApple Musicを使っていて、最近洋楽のアーティスト名が勝手に日本語化されてきたので、元の英語に戻す方法をいろいろ検索して、解決策を発見したのでその手順を書いておきます。

  • Account > Sign Outでいったんサインアウト状態にする。
  • Preferences > Advancedで、Reset WarningsとReset Cacheをクリック
  • System Preferences > Language and Region > Appsで、Musicの言語をEnglish UKにセット
  • Musicを再度オープン
  • Sign Inする

これで英語表示されるはずです。デフォルトの言語はEnglish UKのままでもいいですが、気になる人はSystem Default(English)に変更しておきましょう。